産業廃棄物の場合

産業廃棄物の廃鉛バッテリーをお受けするには、事前に書面による処理の委託契約書が必要になります。また、適正処理に不可欠なマニフェスト伝票の交付が必要になります。

 

産業廃棄物の廃鉛バッテリーは、平出工場で積替保管し、篠井工場で切断します。

廃液の抜き取り

産業廃棄物の廃鉛バッテリーは、平出工場積替保管施設にて廃液の抜き取りをします。

廃鉛バッテリー(液なし)の搬送

液の抜き取りが終わった廃鉛バッテリーを篠井工場へ搬送します。

廃液

抜き取った廃液は、社外に搬出し、適切に処理されます。

切断

廃鉛バッテリーを切断し、巣鉛とバッテリーケースに分けます。

巣鉛の熔解・精錬・成型

巣鉛を熔解炉にて熔解し、精錬後、成型機にて鉛インゴットを成型します。

バッテリーケースの再資源化

バッテリーケースは、リサイクル業者へ売却されます。

完成・出荷

熔解・精錬し成型されたインゴットは、バッテリーメーカーなどに出荷します。